ミニ株は、近頃手軽に株協定が出来るとして話題になっているのですが、ミニ株は、普通の投資総額の10分の1の原資で購入可能な株を言います。普通の単元株が10株でたとえば、2万円だった場合には、その株を買おうといった思ったら20万円用意しなければ株を始めることが出来ないのですが、ミニ株の場合には単元株の10分の1の総額で始められますから、2万円で株を変えるということになります。ミニ株なら普通の株投機に比べると10分の1の総額の原資から発車出来、トレーダーを二度と増やそうという株の活性化につなげるために始められました。トレーダーが一際増えれば、市場はかなり活性化されるので、株の値段も上がるという予想されているからです。ミニ株は、少ない資金で購入できるのですが、指値購入が出来なかったり、他にも株主総会に出ることが出来ないなどのファクターがあります。ミニ株を始めるときの利益としては、少ない資金も株が始められることです。株一般人において大枚を一つのブランドに投資するのは心配と思いますが、これなら手軽に株を始められますね。そうして単元株が高いので今まで調達できなかった仕事場のブランドもミニ株なら変えるという人が多いので、これもメリットになります。まずは弊害としては何があるのかというと、ミニ株の弊害は、指値購入できませんから現状での株の調達はできません。またミニ株の株主は、証券店舗になっていることから、株主総会に出れませんし、配当費用を受け取れないことも弊害になります。ドクムシを一気に楽しんでみる